コーヒー豆はそのまま食べられる?効果や注意点、おすすめの美味しい食べ方を紹介

2023年12月6日

「自分に合ったコーヒーを選んでほしい!」「自宅でもおいしいコーヒーを楽しみたい!」という方には、スペシャルティコーヒーのサブスクポストコーヒー(PostCoffee)がおすすめ。

診断結果をもとに、約30万通りの組み合わせから毎月自分に合ったコーヒーを届けてくれます。コーヒー器具付きで月1,980円から始められるので大変お得です。まずはコーヒー診断から試してみてください!

\ コーヒータイプ診断 /

今すぐ試してみる

※定期便はいつでも解約できます

コーヒーを淹れる女性

みすあ

学生時代に働いていたカフェでコーヒーの香りに魅了され、コーヒーの虜に。今ではコーヒーの飲み比べを楽しんでいます。リブリュではコーヒーの奥深い魅力を発信していきます。

コーヒ豆をそのまま食べてみたらどうなるのだろう、と疑問に思ったことはありませんか?

また、そのまま食べたら体に悪いのでは?と思う方も多いでしょう。

しかし、コーヒー豆にはそのまま食べることができます。さらに、いくつかのメリットがあるのです。

本記事では、コーヒー豆をそのまま食べた際の効果や注意点、美味しくコーヒー豆を食べる方法を紹介します

コーヒー豆はそのまま食べても問題ない

木のスプーンに乗せた深煎りのコーヒー豆

コーヒー豆はそのまま食べることができます。コーヒー豆はチョコレート菓子などにも使われるなど、食用としての利用が広がっていますよね。ただし、カフェインの過剰摂取を避けるためにも、摂取量には注意しましょう。

どんな味?

コーヒー豆をそのまま食べると、コーヒー特有の強い苦味と酸味、そして香りが感じられます。飲み物としてのコーヒーの味と大きく異なるわけではなく、豆そのものの風味がよりダイレクトに伝わってきます。

一粒でもしっかりとコーヒーの風味を堪能できるため、コーヒー好きの方には美味しく感じるかもしれませんが、苦みが苦手な方はあまり好まないかもしれません。

食感は?

コーヒー豆の食感はカリッとしています。ポリポリと食べやすいけれど、一度に大量に食べることは難しいかもしれません。

コーヒー豆を食べる効果

コーヒー

コーヒー豆をそのまま食べることにはいくつかの効果があるとされていますので紹介します。

口臭予防

コーヒー豆を食べると、口臭予防の効果があるといわれています。コーヒー豆に含まれるクロロゲン酸には消臭効果があるため、食後の口の中の不快なニオイを抑制するのに役立ちます。ただし、過剰な摂取はカフェインの過剰摂取につながる可能性があるため、量には注意が必要です。

眠気覚まし

コーヒー豆に含まれるカフェインは眠気を覚ます効果があるとされています。眠気を感じたときにコーヒー豆を少量摂取することで、目を覚ませることができるため、集中力の維持や作業効率の向上に役立つでしょう。

脂肪燃焼効果

コーヒー豆に含まれるカフェインとクロロゲン酸は脂肪燃焼効果があるとされています。これにより、コーヒーは脂肪の吸収を抑えつつ、脂肪燃焼を促進する効果が期待できます。

運動や入浴前の約1時間前にコーヒーを摂取することで、その脂肪燃焼効果を最大限に引き出せる可能性があります。ダイエット中の間食としてコーヒー豆を取り入れるのも良いでしょう。

便通改善

コーヒー豆を食べることにより、微量ながらも食物繊維や植物性たんぱく質を摂取することが可能です。食物繊維は腸の働きを助け、便通をスムーズにする効果が期待されます。

\ コーヒータイプ診断 /

今すぐ試してみる

※定期便はいつでも解約できます

コーヒー豆を食べる際の注意点

コーヒーとコーヒー豆

コーヒー豆をそのまま食べることは、良い効果がある一方、注意点もあります。以下のことに気をつけてコーヒー豆を食べるようにしましょう。

食べ過ぎない

コーヒー豆の食べ過ぎには注意が必要です。コーヒー豆は意外にカロリーが高く、カフェインも豊富に含まれています。食べすぎてしまうと体調が悪くなる可能性があるので注意しましょう。

1日に食べる量は約10g(大さじ2杯程度、60粒程度)が適量といわれています。また、農薬を使用して栽培されたコーヒー豆を避け、できれば無農薬の豆を選ぶことをおすすめします。

古いコーヒー豆は避ける

コーヒー豆を食べる際には、新鮮な豆を選ぶことが大切です。古くなったコーヒー豆は酸化が進んでおり、味が落ちるだけでなく、体調を崩すリスクもあります。

新鮮なコーヒー豆は風味が良く、食べても体に害はないため、常に新鮮なものを選ぶことをおすすめします。購入時には製造日や賞味期限を確認し、適切に保存しましょう。

おすすめのコーヒー豆の食べ方

フードペアリング コーヒーとミルクチョコレート1

コーヒー豆をそのまま食べてもコーヒーの豊かな風味が感じられて美味しいですが、苦いのが苦手な方にもおすすめな、さらに美味しく食べられる方法を紹介します。

コーヒー豆チョコレート

コーヒー豆チョコレートは、自宅でも簡単に作れるおいしいお菓子です。コーヒー豆を丸ごとチョコレートでコーティングすることで、コーヒーの風味をより楽しむことができます。

作り方はとてもシンプルで、溶かしたチョコレートにコーヒー豆を入れてコーティングするだけ。コーヒー豆のほろ苦さとチョコレートの甘さが絶妙にマッチしています。リラックスタイムや小腹が空いたときにぴったりです。

市販のコーヒー豆チョコレートも多く販売されているので、自宅で作るのが難しい場合は購入してもよいでしょう。

まとめ

コーヒー豆をそのまま食べる際のさまざまな効果や注意点、さらには美味しく食べる方法について詳しく紹介しました。この記事を参考に、もし「コーヒー豆をそのまま食べてみたい」と興味を持たれた方は、ぜひ挑戦してみてください。普段のコーヒータイムに新たな楽しみを加えることができるかもしれません。

なお、「自分に合ったコーヒーを選んでほしい!」「自宅でもおいしいコーヒーを楽しみたい!」という方には、スペシャルティコーヒーのサブスクポストコーヒー(PostCoffee)がおすすめ。

診断結果をもとに、約30万通りの組み合わせから毎月自分に合ったコーヒーを届けてくれます。コーヒー器具付きで月1,980円から始められるので大変お得です。まずはコーヒー診断から試してみてください!

\ コーヒータイプ診断 /

今すぐ試してみる

※定期便はいつでも解約できます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みすあ

学生時代に働いていたカフェでコーヒーの香りに魅了され、コーヒーの虜に。今ではコーヒーの飲み比べを楽しんでいます。リブリュではコーヒーの奥深い魅力を発信していきます。

-ノウハウ, 知識