缶コーヒーに賞味期限はある?表示を見て美味しく飲もう!

「自分に合ったコーヒーを選んでほしい!」「自宅でもおいしいコーヒーを楽しみたい!」という方には、スペシャルティコーヒーのサブスクポストコーヒー(PostCoffee)がおすすめ。

診断結果をもとに、約30万通りの組み合わせから毎月自分に合ったコーヒーを届けてくれます。コーヒー器具付きで月1,980円から始められるので大変お得です。まずはコーヒー診断から試してみてください!

\ コーヒータイプ診断 /

今すぐ試してみる

※定期便はいつでも解約できます

缶コーヒーを買う女

joe

明治大学法学部を卒業後、ギタリストとして音楽事務所に入所。2022年から湘南のカフェチェーンにてバリスタとして勤務し、1年間で約7,000杯以上のコーヒーを淹れる。日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ。

自販機やコンビニではたくさんの缶コーヒーが販売されています。風味や容量に違いがあり、気軽にコーヒーが楽しめますよね。

缶コーヒーには賞味期限が存在します。賞味期限を意識することで、美味しい状態を保ちながら長期間保管しておくことが可能です。

この記事では、缶コーヒーの賞味期限について解説します。賞味期限を見て美味しく缶コーヒーを楽しみましょう。

缶コーヒーの賞味期限とは

缶コーヒー

缶コーヒーには他のドリンクや食品と同じく賞味期限があります。買ってすぐ飲む人はあまり意識したことが無いでしょう。

賞味期限は必ず記載されており、期限内に飲み切ることが推奨されています。商品ごとに異なりますが、一般的な缶コーヒーの賞味期限について見ていきましょう。

開栓前

缶コーヒーは未開栓の場合「1年間」程度は問題なく飲めると言われています。そのため、購入後1年間は賞味期限の期限内と考えてよいでしょう。

保存状態やブランドによって期限の設定は異なるため、気になる場合や長期保存用に買う場合は確認が必要です。車の運転のお供や寒い日には缶コーヒーが活躍しますよね。

基本は1年間を目安に考えておきましょう。

開栓後

開栓後は酸化や劣化が急激に進むため、可能な限りすぐ飲み切ることがポイントです。

酸化するだけでなく雑菌の繁殖による飲用の危険性もあるため、開戦後はその日中に飲み切ってください。

ホットとアイスの違い

缶コーヒーにはホットとアイスで賞味期限が異なることがあります。

コーヒーは熱を加えると劣化する傾向があり、ホットの缶コーヒーは賞味期限が早く設定されています。その期間は2週間ほど。ホットの缶コーヒーは放置しておくと冷めてしまうため、ほとんどの人がその場で飲み切ってしまうでしょう。

未開封の状態であっても熱による劣化が進むため、ホットの缶コーヒーはすぐに飲み切ることがおすすめです。アイスの缶コーヒーや常温の場合は、1年間を目安にして表示を確認してください。

缶コーヒーの賞味期限はどこに書いてある?

缶コーヒーには、ボトルタイプとプルトップタイプがあります。それぞれ記載場所が異なるため注意しましょう。

  • ボトルタイプ→缶側面
  • プルトップタイプ→缶底部

表示方式の違いもあります。日付が指定されている場合はその日が賞味期限、年月まで記載されている場合はその月の末日が期限です。

長期保存する人は飲む前に確認して飲みましょう。

賞味期限切れの缶コーヒーの特徴

コーヒー豆と缶

缶コーヒーの賞味期限が切れてしまうと、どのようなことが起こるのでしょうか?

味やにおいに着目して、賞味期限切れのサインとして現れる特徴を見てきましょう。

見た目

賞味期限が切れたコーヒーは、色が濃くなり分離が進むという傾向があります。

茶色が濃くなり黒くなっていたら飲むのを控えるとよいでしょう。缶コーヒーは添加物が含まれているため、成分が分離し浮遊物が出てくることもあります。グラスに開けてみて何か浮いていたら、飲むのは避けてください。

味の感じ方は個人差があるため、一言で表すことはできません。一般的に飲んでみて味がおかしいと感じたら、飲まない方がよいでしょう。

匂い

匂いにも特徴があります。

明らかな酸っぱいにおいや腐敗臭がしたら、飲まないでください。劣化が進み腐っている証拠です。缶を開けたらにおいをかいでみると分かりやすいでしょう。

\ コーヒータイプ診断 /

今すぐ試してみる

※定期便はいつでも解約できます

賞味期限切れの缶コーヒーを飲むデメリット

缶コーヒーとタバコ

買ったことを忘れたり長期保存用にストックしていたりする場合は、賞味期限切れの缶コーヒーを飲むようなシチュエーションがあるでしょう。

賞味期限はあくまで美味しく飲むための期限であり消費期限とは異なります。しかし賞味期限切れの缶コーヒーを飲む際には注意が必要です。

賞味期限切れの缶コーヒーを飲むデメリットを2つ紹介します。自己責任ですが、飲む際は十分気を付けてください。

美味しくない

賞味期限切れの缶コーヒーは美味しくありません。賞味期限は美味しく飲める期限を掲載しているため、味が悪くなることは容易に想像できますよね。

酸味が強い・コーヒーっぽくない味がする・甘みや苦みのバランスがおかしいなど、様々な特徴があります。美味しく飲むためには期限内に飲み切ることが大切です。

おなかを壊す可能性がある

賞味期限切れのコーヒーは腐敗が進むため、おなかを壊す可能性があります。

味やにおいに異変が無ければ飲むことは可能です。おなかを壊すリスクを避けたい人は、飲まない方がよいでしょう。

缶コーヒーは賞味期限内に飲み切ろう

缶コーヒーの賞味期限について解説しました。

街中で手軽に買える缶コーヒーは、様々なシチュエーションで活躍します。ブラックだけでなく微糖やミルク入りのものも楽しめますよね。

缶コーヒーには賞味期限が設定されており、美味しく飲むためには期限内に飲み切る必要があります。せっかく買うコーヒーは美味しく飲みたいですよね。この記事を読んで、缶コーヒーの賞味期限を意識して見ましょう。

なお、「自分に合ったコーヒーを選んでほしい!」「自宅でもおいしいコーヒーを楽しみたい!」という方には、スペシャルティコーヒーのサブスクポストコーヒー(PostCoffee)がおすすめ。

診断結果をもとに、約30万通りの組み合わせから毎月自分に合ったコーヒーを届けてくれます。コーヒー器具付きで月1,980円から始められるので大変お得です。まずはコーヒー診断から試してみてください!

\ コーヒータイプ診断 /

今すぐ試してみる

※定期便はいつでも解約できます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

joe

明治大学法学部を卒業後、ギタリストとして音楽事務所に入所。2022年から湘南のカフェチェーンにてバリスタとして勤務し、1年間で約7,000杯以上のコーヒーを淹れる。日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ。

-知識