コーヒーソムリエとは?資格の詳細や取得のメリットを解説

2023年12月6日

「自分に合ったコーヒーを選んでほしい!」「自宅でもおいしいコーヒーを楽しみたい!」という方には、スペシャルティコーヒーのサブスクポストコーヒー(PostCoffee)がおすすめ。

診断結果をもとに、約30万通りの組み合わせから毎月自分に合ったコーヒーを届けてくれます。コーヒー器具付きで月1,980円から始められるので大変お得です。まずはコーヒー診断から試してみてください!

\ コーヒータイプ診断 /

今すぐ試してみる

※定期便はいつでも解約できます

コーヒー女

joe

明治大学法学部を卒業後、ギタリストとして音楽事務所に入所。2022年から湘南のカフェチェーンにてバリスタとして勤務し、1年間で約7,000杯以上のコーヒーを淹れる。日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ。

「カフェでバリスタとして働きたい」「コーヒーの知識を深めたい」という人におすすめの資格があります。コーヒー関連の資格はいくつかあり、コーヒーソムリエはそのうちの1つ。

資格を取得したら何ができるのか、どういう勉強をすればよいのか知りたい人は多いはずです。この記事ではコーヒー資格「コーヒーソムリエ」について解説していきます。

コーヒーの仕事をしたい人や資格でアピールしたい人におすすめの資格です。受験方法や対策を学んで資格取得に役立ててください。

コーヒーソムリエ資格とは?

コーヒー

コーヒーソムリエ資格について基本的な情報を説明します。

試験方法や合格率など気になる人もいるでしょう。資格の詳細を確認して、ご自身の受験の参考にしてください。

JSFCA(日本安全食糧料理協会)が主催するコーヒー資格

コーヒーソムリエ資格は、JSFCA(日本安全食料料理協会)が主催している民間のコーヒー資格です。食品や飲料の知識や技術を認定する機関である当協会が、コーヒー分野での基本的な知識を測るために実施しています。

コーヒー豆の産地・焙煎・抽出などの基本的な知識が問われており、自分がどのくらいコーヒーに対する知識を持っているかを証明することが可能です。

試験日程

試験は2か月に一回のスパンで開催されており、開催月の末頃に受験することになります。チャンスが多くオンラインで受験できるため、忙しい人や資格がすぐに取得したい人には嬉しいポイントですね。オンラインで受験できるため、会場が遠いという心配もありません。

受験方法

JSFCAの公式ホームページにアクセスすると受験者向けの申込フォームがあるので、希望する資格や必要な情報を入力することで申し込みができます。後日試験の詳細が送付されてくるので、案内に従って期間内に受験する流れになります。

受験料は10,000円かかり資料が届く際に代引きで支払うことになります。受け取る際は準備しておきましょう。

回答は自身で期間内に郵送し、翌月ホームページで合格発表を待つことになります。期限外での回答送付は無効になるのでしっかり守るようにしてください。

合格率

コーヒーソムリエ資格の合格率は高く、受験者の90%以上は合格しています。問われる知識は基本的なものなので、本やインターネットなどで勉強すれば専門家ではなくても合格が可能です。

また不合格でも2か月後には再受験できるというメリットがあります。一度取得すれば永久に有効な資格なので、気軽に受けてみてもよいですね。

コーヒーソムリエは独学で合格できる?おすすめの試験対策

コーヒー女

コーヒーソムリエ資格を取得するための勉強法を見ていきましょう。

問われる知識は基本的なものなので、自分に合った勉強法で取り組むことがおすすめです。独学で取り組むことが不安な人もいますよね。そんな人のために有効な勉強法を解説していきます。

独学でも取得可能

コーヒーソムリエ資格は独学で十分対応できます。教科書や過去問は無いため、本やインターネットなどで勉強する方法が一般的です。

コーヒーの基本知識や技術について書かれているものを見つけ、毎日コツコツと読んでいれば問題ないでしょう。専門的なものよりも広く学べるものをがおすすめです。

他の資格も取るなら口座に申し込む

コーヒー即リエ資格を取りたい人の中には、他のコーヒー資格もあわせて取りたいという人もいるでしょう。他の資格では本格的な知識や技術を求められるものもあるため、本やインターネットだけで独学することが難しいことも考えられます。

コーヒー業界で仕事がしたい人や開業を考えている人は、資格講座に申し込んでみましょう。様々な機関やサービスが講座を開催していますが、開催地や料金などを比較して選んでみてください。中には講座を修了するだけでとれる資格もあります。必要な資格を決めて適切な勉強方法で学習を進めましょう。

\ コーヒータイプ診断 /

今すぐ試してみる

※定期便はいつでも解約できます

コーヒーソムリエは意味ない?取得するメリット3選

カフェラテ

次にコーヒーソムリエ資格を取るメリットについて見ていきましょう。コーヒーソムリエ資格は取得のしやすさが魅力ですが、一方で意味が無いという声が上がっています。せっかく取得するならばメリットを感じたいですよね。コーヒーソムリエ資格を取るメリットを3つ解説していきます。受験を考えている人は参考にしてみてください。

コーヒーの知識が身に付く

1つ目のメリットは「コーヒーの知識が身に付く」ことです。

資格の取得を目指すために、コーヒーの基本的な知識を学習していきますよね。本やインターネットで毎日学べば、自然とコーヒーの知識が身に付いていきます。コーヒーが好きな人は得た知識でコーヒーライフが楽しめますし、周りの人にアドバイスしたり話で盛り上がったりできるでしょう。

知識を応用させればより実践的なものになります。試験勉強を通してコーヒー知識が身に付くことは大きなメリットといえるでしょう。

仕事に活かせる

2つ目のメリットは「仕事に活かせる」ことです。

コーヒー業界で働くために資格を取得する人は少なくないでしょう。資格を取ることでコーヒーについて知識があることを証明できるため、バリスタや焙煎士などの現場やライターなどのコーヒー情報発信者としても活躍できるでしょう。

資格の取得はキャリアを広げることに直結します。コーヒー業界に進みたい人はぜひ取得を目指してみてください。

カフェ開業に直結する

3つ目のメリットは「カフェ開業に直結する」ことです。

独立してカフェやコーヒースタンドを立ち上げたい人にも、コーヒーソムリエ資格はおすすめです。開業には多くの知識が必要ですが、自主的に学ぶことは簡単ではありません。

資格の取得はコーヒーの知識を深める貴重な機会になりますよね。資格が取れれば権威性が高まり、コーヒー業界に携わる者としての価値が高まるでしょう。

JSFCAが主催する資格で「カフェオーナー経営士」資格も一緒に取得すれば、カフェ経営のノウハウも学べるというメリットがあります。カフェ開業を検討している人は資格の取得を検討してみてください。

独立やカフェ開業にも!おすすめのコーヒー資格3選

アイスコーヒー

カフェオーナー経営士

カフェオーナー経営士は、JSFCAが主催しているコーヒー資格の一種です。カフェを経営するために必要な基本的な知識を学べます。コーヒーソムリエとセットで取得する人も多く、試験の方式もコーヒーソムリエと同じなのでカフェの開業を考えている人にはおすすめです。

コーヒーマイスター

コーヒーマイスターは、日本スペシャルティコーヒー協会が認定するコーヒー資格です。協会主催の講座を受講し試験に合格することでしか売を取得することが可能です。

コーヒーの基本知識だけでなく、焙煎技術やお客様へのコーヒーの提案も学びます。コーヒーソムリエよりも本格的な資格であり、実際に仕事につながることもあるでしょう。

コーヒーインストラクター

コーヒーインストラクターは、全日本コーヒー検定委員会が主催しているコーヒー資格です。ランクが3級から1級まであり、1級を取った後にはコーヒー鑑定士の資格も取得できます。

指定の講座を受けた後試験を受けることで資格取得を目指します。特徴は試験科目に実技試験があることでしょう。専門知識だけでなく実際のスキルも試されるため、コーヒー関係の仕事に直結します。

講座や試験ごとにお金がかかりますが、取得すれば技術と知識を兼ね備えていることが証明できます。

コーヒーソムリエ資格を取得しよう

コーヒーソムリエ資格について解説しました。

コーヒー業界で働きたい人や個人で知識を深めたい人にはおすすめの資格です。開催頻度も多く難易度も高くないため、独学でのチャレンジで十分取得できます。資格取得は権威性の証明に有効なので、興味のある人はぜひ資格取得を目指してみてください。

なお、「自分に合ったコーヒーを選んでほしい!」「自宅でもおいしいコーヒーを楽しみたい!」という方には、スペシャルティコーヒーのサブスクポストコーヒー(PostCoffee)がおすすめ。

診断結果をもとに、約30万通りの組み合わせから毎月自分に合ったコーヒーを届けてくれます。コーヒー器具付きで月1,980円から始められるので大変お得です。まずはコーヒー診断から試してみてください!

\ コーヒータイプ診断 /

今すぐ試してみる

※定期便はいつでも解約できます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

joe

明治大学法学部を卒業後、ギタリストとして音楽事務所に入所。2022年から湘南のカフェチェーンにてバリスタとして勤務し、1年間で約7,000杯以上のコーヒーを淹れる。日本安全食料料理協会(JSFCA)認定のコーヒーソムリエ。

-資格