ロングブラックとは?アメリカーノやショートブラックとの違い・作り方を紹介

「自分に合ったコーヒーを選んでほしい!」「自宅でもおいしいコーヒーを楽しみたい!」という方には、スペシャルティコーヒーのサブスクポストコーヒー(PostCoffee)がおすすめ。

診断結果をもとに、約30万通りの組み合わせから毎月自分に合ったコーヒーを届けてくれます。コーヒー器具付きで月1,980円から始められるので大変お得です。まずはコーヒー診断から試してみてください!

\ コーヒータイプ診断 /

今すぐ試してみる

※定期便はいつでも解約できます

コーヒー

みすあ

学生時代に働いていたカフェでコーヒーの香りに魅了され、コーヒーの虜に。今ではコーヒーの飲み比べを楽しんでいます。リブリュではコーヒーの奥深い魅力を発信していきます。

ロングブラックという言葉をカフェで聞いたことはあるでしょうか。ロングブラックはエスプレッソベースのコーヒーで、オーストラリアやニュージーランドで誕生したといわれています。

本記事では、ロングブラックについて、アメリカーノとの違いや作り方を紹介します

ぜひ、本記事を参考に濃厚で香り高いロングブラックをお楽しみください。

ロングブラックとは

ロングブラック

ロングブラックという言葉に馴染みがない方も多いのではないでしょうか。ロングブラックの発祥はオーストラリアとニュージーランドといわれています。ヨーロッパからの移民たちによって持ち込まれたコーヒー文化が徐々に発展し、その結果現地独自のコーヒースタイルが生まれてきたとされています。

ロングブラックとはエスプレッソにお湯を加えたもの

ロングブラックは、熱いお湯にエスプレッソを加えて作るコーヒーです。

発祥地のオーストラリアでは、ロングブラックとはエスプレッソに比較的多量のお湯を加えた飲み方を意味します。また、ロングブラックの対となるショートブラックは、オーストラリアやニュージーランド特有の表現で、お湯で薄めない普通のエスプレッソを指します。

香りと旨味の詰まった濃厚な味わいが特徴です。

アメリカーノとの違いとは

マグカップを持った女性 飲み物

ロングブラックとアメリカーノの違いは、コーヒーとお湯を混ぜ合わせる順番にあります。

アメリカーノはエスプレッソを先に抽出し、そのあとにお湯を加えます。一方、ロングブラックでは最初にお湯をカップに注ぎ、そのあとにエスプレッソを抽出して加えます。これにより、エスプレッソの豊かな香りを含むクレマ(エスプレッソの上部にできる泡)が表面に溜まるため、アメリカーノに比べてより濃厚な風味が楽しめることが特徴です。

\ コーヒータイプ診断 /

今すぐ試してみる

※定期便はいつでも解約できます

ロングブラックの作り方

パウンドケーキとコーヒー

ロングブラックの作り方はとても簡単なので、ぜひ飲んでみたい方は作ってみてください。

  • 手順1:まず、カップにお湯を注ぎます。
  • 手順2:エスプレッソマシンを使用してカップにエスプレッソを抽出します。

エスプレッソとお湯の比率に厳密なルールはなく、一般的にはエスプレッソ1に対してお湯を3の割合で混ぜることが多いようです。自分のお好みで調整してみてください。

まとめ

本記事ではロングブラックについて紹介しました。

次回カフェに行った際にロングブラックを見つけたら、ぜひ試してみてください。

なお、「自分に合ったコーヒーを選んでほしい!」「自宅でもおいしいコーヒーを楽しみたい!」という方には、スペシャルティコーヒーのサブスクポストコーヒー(PostCoffee)がおすすめ。

診断結果をもとに、約30万通りの組み合わせから毎月自分に合ったコーヒーを届けてくれます。コーヒー器具付きで月1,980円から始められるので大変お得です。まずはコーヒー診断から試してみてください!

\ コーヒータイプ診断 /

今すぐ試してみる

※定期便はいつでも解約できます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みすあ

学生時代に働いていたカフェでコーヒーの香りに魅了され、コーヒーの虜に。今ではコーヒーの飲み比べを楽しんでいます。リブリュではコーヒーの奥深い魅力を発信していきます。

-知識