コーヒーのおすすめの温度は?味の変化や飲み頃について解説

2023年5月13日

「自分に合ったコーヒーを選んでほしい!」「自宅でもおいしいコーヒーを楽しみたい!」という方には、スペシャルティコーヒーのサブスクポストコーヒー(PostCoffee)がおすすめ。

診断結果をもとに、約30万通りの組み合わせから毎月自分に合ったコーヒーを届けてくれます。コーヒー器具付きで月1,980円から始められるので大変お得です。まずはコーヒー診断から試してみてください!

\ コーヒータイプ診断 /

今すぐ試してみる

※定期便はいつでも解約できます

ドリップコーヒー

livrew

コーヒーを心から愛する者なら誰でも、一杯のコーヒーが最高に美味しく感じられる温度について一度は考えたことがあるでしょう。

なぜなら、コーヒーの味わいはその温度によって大幅に変わるからです。だからこそ、温度とコーヒーの関係についてより深く探求することは、コーヒー愛好家にとって重要なテーマとなります。

この記事では、コーヒーの味わいを最大限に引き出すための温度、その特性といった点について詳しく解説します。それぞれの温度がコーヒーの味わいにどのように影響を与えるのか、そしてそれぞれの状況に最適なコーヒーの温度は何かを理解すれば、コーヒー体験はさらに深まることでしょう。

コーヒーの温度が味に及ぼす影響は?

ドリップケトル

コーヒーの温度は、その一杯から得られる味わい、香り、そして感触を大きく左右します。同じ豆から淹れられたコーヒーでも、その温度によって微妙に異なる風味や体験が生まれるのです。

熱い温度で飲むコーヒーの特性

熱い温度で飲むコーヒーは、その香りがより強く感じられ、苦みも前面に出ます。熱々のコーヒーから立ち上る香りは、一日の始まりを活気づけ、心地よい目覚めを促します。

冷たい温度で飲むコーヒーの特性

対照的に、冷たい温度のコーヒー、特にアイスコーヒーでは、甘みや酸味が強調されます。暑い日には、そのクールさと爽やかさが極上のリフレッシュメントとなります。

コーヒーのおすすめの温度

コーヒーのおいしさを最大限に引き出す温度は、何を重視するかによります。

ホットコーヒーのおすすめの温度

ホットコーヒーは、飲む際は60度から70度が適温とされています。この温度範囲では、コーヒーのアロマと苦みがバランス良く引き立ち、全体的な風味を楽しむことができます。

淹れるときは、90度から95度くらいが適温とされているようです。

この温度帯は口に触れた瞬間の感触もちょうどよく、コーヒー本来の味わいを堪能するには絶妙な状態と言えるでしょう。

アイスコーヒーのおすすめの温度

一方、アイスコーヒーは冷蔵庫でしっかりと冷やした状態、つまり約4-5℃が最適とされています。

この温度により、コーヒーの甘みと酸味が際立ち、一層爽やかな味わいが引き立てられます。また、この温度では口当たりが滑らかであり、暑い日の喉を潤すには最適です。

\ コーヒータイプ診断 /

今すぐ試してみる

※定期便はいつでも解約できます

ホットコーヒーの楽しみ方は?

コーヒーを飲みながら仕事する女性

コーヒーを美味しい温度で楽しむためには、保温性のあるマグを使用することをおすすめします。これにより、コーヒーが急速に冷めることを防ぎ、理想的な温度を長時間保つことができます。

また、飲む速度も重要です。出来たての熱々のコーヒーをすぐに飲むのではなく、適度な温度に冷ましてからゆっくりと味わうことで、香りや風味が広がり、コーヒー体験が一層豊かになります。

コーヒーの温度に関するよくある質問

コーヒーの温度に関するよくある質問を紹介します。コーヒーを淹れる際の温度は、コーヒーの種類や好みによって異なることがあります。

温度の調整によって、コーヒーの味わいをカスタマイズし、理想的な一杯を楽しむことができます。

コーヒーの抽出に最適な温度は何度ですか?

コーヒーを美味しく淹れるためには、一般的に90度から95度の湯温がおすすめです。この温度帯では、コーヒー豆の風味や酸味が引き立ちます。

コーヒーの温度を測る方法は?

コーヒーの温度を正確に測るには、専用のデジタル温度計を使用するのがベストです。

また、手元に温度計がない場合は、沸騰したお湯を約30秒から1分ほど冷ますことで、適切な温度になることがあります。

アイスコーヒーを作る際のお湯の温度はどれくらいが良いですか?

アイスコーヒーを作る場合、お湯の温度は通常、80度程度が適しています。

低めの温度で抽出することで、コーヒーが適度な酸味と風味を持ち、アイスコーヒーに適しています。

その後、氷や冷蔵庫で冷やすのがおすすめです。

浅煎りのコーヒーは高温で淹れるべきですか?

浅煎りのコーヒーは、通常、低めの温度で淹れることがおすすめです。約85度から90度のお湯を使用すると、浅煎りのコーヒー豆からより多くの酸味とフルーティーな風味が引き出されるとされています。

コーヒーメーカーを使う場合、湯温はどのように調整すべきですか?

コーヒーメーカーを使用する際、一部のモデルには湯温の調整機能が備わっていることがあります。

湯温を調整できる場合、コーヒーの種類に応じて湯温を設定し、最適な味わいを楽しんでください。

まとめ

コーヒー愛好家として、一杯のコーヒーの味わいを深く理解し、その温度を適切に管理することは非常に重要です。

熱いコーヒーの香りと苦み、冷たいコーヒーの甘さと酸味を理解し、それぞれの温度で最大限に楽しむことができれば、コーヒー体験は次のレベルに進むでしょう。

これらの知識を活用し、コーヒータイムを一層楽しんでください。

なお、「自分に合ったコーヒーを選んでほしい!」「自宅でもおいしいコーヒーを楽しみたい!」という方には、スペシャルティコーヒーのサブスクポストコーヒー(PostCoffee)がおすすめ。

診断結果をもとに、約30万通りの組み合わせから毎月自分に合ったコーヒーを届けてくれます。コーヒー器具付きで月1,980円から始められるので大変お得です。まずはコーヒー診断から試してみてください!

\ コーヒータイプ診断 /

今すぐ試してみる

※定期便はいつでも解約できます

-ノウハウ, 知識